ドライブレコーダー

カーセキュリティー DS-1


特徴

このセンサーを接続することにより、ドライブレコーダーを防犯カメラとして効果的に利用できます。

ダッシュボード上に車内に向けて設置をし、ドップラーセンサーにより、車の左右・後方に不審な人影があった場合に検知をし、接続しているドライブレコーダーで記録をします。
最大2台のドライブレコーダーを接続できます。

特徴詳細

ドップラーセンサーによる自動録画機能不審者が車内に乗り込んだ場合や、運転席ドア・助手席ドア・後部座席左右ドア・バックドア等に近付いた場合に、電波を使用したドップラーセンサーでそれらを検出します。
検出すると、本機に接続されたドライブレコーダーで録画します。
録画時間は1検出あたり1分間です。不審行動により検出が続く場合は引き続き録画します。
ドライブレコーダー2台接続可能 最大2台のドライブレコーダーを接続できます。(別売)
用途に合わせ車内撮影用・車外撮影用として使用できます。
※車内に向けてのフロントガラスへの取り付けはタクシー以外は駐車中に限ります。
車のACC(アクセサリーキー)との連動 本機ACCコードを車のACC系統(イグニッションキーをACCにすると+12VがONするライン)に
接続することにより、本機に接続されたドライブレコーダーのON/OFFをコントロールします。
ACCがONの時は常にドライブレコーダーをONにします。
ACCをOFFにすると、OFFしてから1分間は録画を続けます。
この間ブザーが鳴動してセキュリティモードの移行をお知らせします。
ブザーが鳴り終わると本機はセキュリティモードに入ります。
ドップラーセンサーによる自動録画待機状態に入ります。
マルチパワーボックス接続可能別売りのマルチパワーボックスを接続することにより
車のバッテリーに負担をかけることなくセキュリティ動作ができます。

使用上のご注意

※夜間撮影を行う際は、赤外線LED付き、または赤外線ユニット接続のドライブレコーダーをご利用下さい。
※ご使用になられるドライブレコーダーは「セキュリティモード」にして、録画開始時のランプや音をOFFにすることをオススメいたします。

対応機種

「FT-DR ZERO」「NX-DRW10/10H」を除く、弊社ドライブレコーダーの主要な機種。
詳しくはこちらからお尋ねください。

主な仕様

電源電圧 DC+12V
消費電流 7mA(定常時)
37mA(セキュリティ動作中)
アース方式 マイナスアース方式
保護回路 +12V入力      1.5A(自動復帰型)
+12V出力(2系統)  各1A(自動復帰型)
センサー感度 L(低感度)
M(中感度)
H(高感度)
の3段階切り替え
寸法 約63(W)×41(H)×52(D) mm(突起部除く)
重量 約 46g(取り付けステー除く)

内容物